井野小区まちづくり協議会

井野小区まちづくり協議会 & 関連団体

説明資料(市民憲章推進協議会第4専門部会)志津北部地区代表者協議会

 

  当地区にある34自治会長(町内会長)が協議会の

  メンバーとなり、地域の共通の課題に対処する

  ため定期的に活動している。

 

 1.必要性

 「自治会の活動の充実には、それぞれの情報交換が

  必要。自治会の範囲を超えた課題に対処する場合

  も認められる。そこで各地域で自治会等の活動を

  補完するために連合組織が結成される。その場合

  は活動費の一部を佐倉市が助成することになって

  いる。」(代表者説明会で配られる手引き)現在佐

  倉市には12の連合組織がある。

 

 2.歴史(経緯)

  志津北部地区代表者協議会は平成2年5月に57町会

  でスタートしたが、紆余曲折を経て現在34団体が

  所属している。最初は連絡長協議会と称し、その

  後平成18年4月より現在の名称に変更となった。

  (なお平成12年4月に地区分割を行い38町会となっ

  た。一部は西志津地区、ユーカリ地区へ編入され

  た。)

 

 3.現在の活動概要

  34自治会を8ブロックに分割しブロック長を交

  替で指名して役員として活動して頂いている。

  5月に総会を行い、前年度の事業報・決算報告を行

  い、同時に当該年度の事業計画、予算、役員等を決

  めて活動している。会の性格上、2度(総会後と年

  末)の懇親・勉強会を中心に会員相互の懇親や問題

  点の共有・深化を図っている。(研修旅行をやった

  年度もある。)通常自治会毎に要望書を提出して問

  題解決にあたっているが、年一度(9月頃)協議会と

  して共有できる問題点や課題を協議会の要望書と

  して纏めて佐倉市に提出し、協議会全体会で会全

  体会で担当責任課・者より個々の要望への回答を

  頂いている。同時に市長より直接最新状況につき

  講話して頂いている。また2月の全体会議でも

  「市長フリートーク」と称し市長と直接話す機会

  を設けており、市との密接な情報交換をしている。

 

 4.関連団体との関係

  *志津社協(地区社協)との関係

   各自治会で福祉委員を出すことになっており、

   代表者が兼ねるケースも多い。その場合は福祉

   委員として社協の活動に協力することになる。

   また代表者協議会としても代表者を社協の理事

   (役員待遇)として送り込んで相互の情報交換や

   協力に努めている。

  *まち協(井野小区、上志津小区)

   直接協議会としての関係はないが、自治会長が

   まち協委員や役員を兼ねているケースが多いの

   が実態である。

 

 5.課題

  人材不足(なり手がいない。また1年交代の自治会

  が多く、内容の伴った仕事ができない。)

  

地域まちづくり協議会

 より住みよい地域づくりを実現するため、地域の課

 題を地域自らが取り組む組織であり、地域住民が通

 常徒歩で行き来できる生活圏である各小学校区を概

 ねの単位として設立される。地域に住む人々が集い

 、語らい、自発的にまちの将来像を考えていくこと

 が必要。そして当事者意識を持って、計画的に問題

 解決に向かって取り組む。自治会(町内会)、小学

 校、PTA、民生・児童委員、NPO,事業者、地域住民

 などで構成される。財政支援(事業補助、初年度

 70万円、以降90万円)や人的支援等がある。当地区

 会費:井野小区まち協 1000円(年)

志津北部地区代表者協議会

 自治会等の活動の充実には、それぞれの情報交換が

 必要。自治会等の範囲を超えた課題に対処する場合

 も認められるこ。で各地域で自治会等の活動を補完

 するため連合組織が結成れる。その場合は、活動費

 の一部を佐倉市が助成することになっている。

 20000円+単位町内会2000円(団体数割)自治会・

 町内会等連合協議会交付金 佐倉市には12の連合組

 織がある。平成2年5月に57町会でスタート。現在は

 34団体が所属。(前身は連絡長協議会と称した)

 会費:均等割り3000円+世帯数x20円(100円未満

 切り捨て)

社会福祉協議会

 佐倉市社会福祉協議会(佐倉市社協)は社会福祉法

 第109条に基づく社会福祉法人であり、地域に住む

 住民一人一人が地域社会を構成する一員として、そ

 の人らしく暮らせる社会づくりを目指して活動して

 いる。地域福祉推進役を担う民間法人として、住民

 参加による地域の福祉課題の解決に向けた活動を展

 開している。地区社協の活動は地域に住む全ての人

 が安心して暮らせるまちづくりを、住民が主体とな

 って知恵と力を出し合い、それを小地区で推進して

 いく組織、活動。市内には14の地区社協があり、

 一人暮らし高齢者食事会や子育てサロンなど、地域

 ごとに地域の助け合い活動を推進している。また自

 治会・町内会・区の協力により敬老会を実施してい

 る。財源は会員からいただく会費や共同募金配分金

 、寄付金そして行政機関からの補助金・委託金など

 で賄われている。

 会費:世帯数x500円+均等割り1000円